ワキガ手術のすべてカテゴリの記事一覧

ワキガの手術について

現在社会においてワキガで悩んでいる人は大勢いるでしょう。家庭の中で、会社の対人関係で、大衆の一人として自分のワキガが周りの人に迷惑をかけているのではと心配していませんか。

動物的にはフェロモンの働きをしますが現在社会においてはワキガの臭いは嫌われます。ではワキガの人はどうすればいいのでしょうか

答えとしてはその臭いを消す為にワキガ治療を施せばいいのです。簡単です。まず軽度の場合です。ワキガ治療には制汗剤を脇の下に塗布します。有名な薬に「アンティパースパイラントデオドラントロールオン」や「オドレミン」などがあります。副作用の点で最も安心な「ミョウバン水」もポピュラーな薬です。

自分自身ではワキガは臭いません。分からないのです。私の場合がそうでしたし、かなりの人がワキガである事に気が付かないのです。周りの、人の自分に対する反応、他人の指摘から分かる場合が多いのです。

ワキガ治療において制汗剤やデオドラント剤、ミョウバン水などは臭いを無くすと言うよりは臭いを抑える働きをします。

では臭いを無くすにはどうすればいいのでしょうか。そうです。やっと手術の出番ですね。手術では完治する確率が高いです。欠点としては治療費が高額です。が、探せば保険適用の病院もあります。手術を受ける前にその病院の評判を調べておきましょう。また手術痕が残ります。ワキガの超音波治療は30分くらいで手術が終わり日帰りでワキガ治療ができます。その点でお勧めです。

ワキガ治療において手術は臭いの原因であるアポクリン腺などを除去します。ワキガ治療で行う手術を2つに分けると目視による手術とそうでない手術に分ける事が出来ます。手術は完治する確率が高いですが目視による手術は完治率100パーセントに限りなく近いのです。

ワキガの超音波治療は目視が出来ません。だからアポクリン汗腺が除去しきれないで残る場合があります。目視の場合は見落とさない限り100パーセントの完治が可能です。

ワキガ治療で目視手術の劣る点としてはワキガの超音波治療に比べて手術痕が大きいという事です。あなたが手術を受ける場合、手術痕が大きくても完治の高さをを取るか手術痕の目立たないワキガの超音波治療を取るかという所でしょうか。
■ ワキガ治療って!?ワキガ治療の薬や方法等お役立ち情報のトップへ

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。