ワキガ治療とは観点が違うが気になる製品を発見しました

それはブリーズブロンズ製品です。ワキガの臭いって自分では臭っていても分かり難いし困りますね。

私もそうですけど自分ではひどいのが分かりません。夏の季節になるとワキガがひどくなり脇の毛がアポクリン汗腺からの発汗で黄色くコーティング!?されてゴワゴワになります。

タオルでゴシゴシ洗っても完全には取れません。固まっていて腕を動かすと擦れて痛い時があります。本当に困りますね。皆さんにこんな体験有りませんか。

さてワキガ治療をしなくても腋臭を消臭するというワキガ治療とは直接関係有りませんが私が見つけた製品は、強烈な腋臭の臭いを消臭するブリーズブロンズと言う繊維を使用したシャツ類や靴下、ポロシャツ、シーツ、枕カバー、タオル等、加齢臭が消える消臭スプレーのヌーラです。

ブリーズブロンズと言う繊維を使用したこの製品は200人分の汗の臭いもわずか5分で急速分解消臭するそうです。販売は「いい快互服ドットコム」のサイトでその運営会社は株式会社 興和堂さんです。

消臭効果は半永久的に続きます。洗濯して日干しにすることで消臭効果が回復すると記載されていました。

ブリーズブロンズ製品は楽天でも販売されていてブリーズブロンズで検索をかけると367件ヒットしました。又「みんなのお買い物レビュー」(口コミ)を見てみるとTシャツ部門だけで51件のレビューが有り感想は95パーセント(2人の人がそれほどでもないとの感想でした Tシャツの部門)以上の人が効果があると感謝の言葉が述べられていました。

ちょっと変わった感想ではタンスにこのシャツを一緒に掛けておくと、タンス内の消臭をしてくれるとのことです。

ワキガ治療に直接関係ないのですが(口コミ)を読んだ感想は効果が非常に高いと感じましたし腋臭の強烈な人ほど効果が大きいと感じているようです。

まだ夏前の季節ですが品切れ店が出ていることから値段が少し高いのにも関わらず手に入りにくくなる事が予想されます。

このブリーズブロンズ製品はテレビでも取り上げられていて日本テレビ THE ワイド、日本テレビ スッキリ、フジテレビ くるくるドカンなどで紹介された驚異の消臭力!是非一度お試し下さい!!とのことです。

今回はワキガ治療とは違う観点からの腋臭を抑える記事でしたがいかがでしたか。手術をためらっている人、制汗剤やデオドラントだけではちょっと心配と思っているあなた、使ってみてはいかがでしょうか。制汗剤などと併せて使うと効果はさらにUPするでしょう。

ワキガってうつりますか!?ワキか治療の方法は

洗濯していてふと思いました。家族内にワキガがいるんですけど着た物を一緒に洗濯しても大丈夫なんでしょうか。ワキガが家族の者に移らないんでしょうか!?

そうですね、そう思う人は少なからずいます。心配ですがワキガとは何かを知りさえすればそこから一歩前進します。まずワキガについて知る事です。そうする事でワキか治療の対策も立てやすくなります。それでは段をおって考えていきましょう。

答えとしては一緒に着た物を洗濯しても家族の者にワキガは移りません。納得出来ましたか?納得出来ない?

はい、詳しく述べます。ワキガはワキの下にアポクリン汗腺がありそこからの発汗が原因でワキガの臭いを発します。アポクリン汗腺から出る汗自体はあの強烈な臭いはありません。が、その汗をワキに繁殖している雑菌が分解する事であの臭いが発生します。これは個人の、体質の問題でありウイルスやバイ菌は関係していませんから洗濯しても移りません。

そこから導き出されるワキか治療の方法は雑菌の繁殖を抑える方法、発汗を抑える方法、そしてもう一つのワキか治療の方法はアポクリン汗腺その物を取り除く手術があります。

洗濯で悩んでいるあなたこれで心配しなくて済みますね。家族の人には適切なワキガ治療を考えましょうね。

ワキガ治療法−目で確認しながら行う直視の手術法

ワキガ治療を受けたいと思う人でワキガの強い人は、アポクリン腺(脇には2種類の腺がありますがアポクリン腺がワキガの元)の量が多いのです。皮脂腺も発達している場合が多く、脇毛もワキガ治療を望む人は多い傾向にあります。腋臭の発生元になっている脇毛を剃る事がワキガ治療の第一歩です。

また根本的には、体全体の分布でみると数は少ないのです。そのアポクリン腺を取り除くことも簡単に出来ます。大昔にはフェロモン発散の働きをしていました。

強烈なワキガの人でワキガの治療を完全にするためには、脇の下のしわに沿って、1.5〜2pほど切開し、医師がワキガ治療の過程で目で確認しながら、アポクリン腺をひとつひとつ摘出していきます。ワキガの治療で取り省くアポクリン腺は1〜2o程のイクラの粒のような形状で、肉眼でもはっきりと確認出来ます。

レーザー脱毛などの治療と異なる点は、切開することによって医師が直接目で見ながら、アポクリン腺を確認しながら取り除くことが出来るところです。長所としては目で見る直視の手術方法では100%(医師がワキガ治療中にアポクリン腺を見落とさないとして)アポクリン腺を取り除くことが出来る事で再発の可能性が最も低い方法です。超音波法(レーザー)ではワキガの治療を行う上で目で見れないのでアポクリン腺を完全に取り除くことは不可能です。アポクリン腺は完全に取り除かないと、再生してくるのでワキガの完治とはなりません。

ワキガ治療でどの方法にも一長一短はあります。超音波法(レーザー)の長所は多少の臭いは残るものの切開後の傷跡が、目で確認しながら行う直視の手術方法に比べて小さくて済む事です。
■ ワキガ治療って!?ワキガ治療の薬や方法等お役立ち情報のトップへ

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。