ワキガ治療の1つ超音波治療法(レーザー)

ワキガ治療の1つ超音波治療法は腋の下にある皮膚を数ミリメスで小さく切り開き、超波発生器具を挿入してワキガの原因である汗腺類を破壊しそれを吸引、除去する方法です。

手術痕はワキガ治療の1つの超音波治療では1針ほど縫合します。超音波は特別な周波数を出すことによって、神経、アポクリン汗腺やエクリン汗腺、血管それぞれの硬さの違いにより汗腺のみを破壊することが可能で、このワキガ治療では傷跡も少なくすみ大変注目を浴びている治療法です。

超音波治療法は手術時間が約30分程度で、日帰り手術後で出来てしまいます。超音波治療法は良い治療法と言えるんじゃないでしょうか。

超音波治療は後遺症の心配がない。ワキガ治療の1つで超音波治療はワキガの有効な治療法です。

超音波をX線と同じ様に考えている人もいるようですが危険な物と違って誤った認識です。超音波治療の場合は、妊婦のお腹の中の胎児の発育状態を調べるのにも超音波が使われていますし放射性物質などの心配はなく無害です。

ワキガ治療の1つである超音波治療法のメリットとデメリットをまとめると

ワキガ治療の1つである超音波治療法のメリットは
超音波治療法のワキガ治療では手術時間が短くて約30分で済みます。

出血が超音波治療法ではほとんどないので感染症などの心配がありません。

超音波治療法は手術中、術後の痛みがほとんどありません。

超音波治療法は副作用・後遺症の心配がありません。

超音波治療法はわき毛を残すか残さないか選択できます。

このワキガ治療法は入院の必要がなく術後の回復も早いのです。

このワキガ治療法は効果が高く従来のワキガ手術に比べ再発の可能性が低いのです。

超音波治療法は安全性が高く肉体的負担が少なく手術痕が目立ちません。

超音波治療法は血管や神経など、他の組織は傷つけにくいのです。



ワキガ治療の1つである超音波治療法のデメリットは
最先端の治療法でこのワキガ治療法を行っているクリニック(医療機関)がまだ少ないのです。

超音波治療の機械は最先端の物のため、この超音波治療法は手術経験が豊富な医師が少ないのです。

糖尿病や血友病の人はワキガ治療である超音波治療法の手術が出来ない場合もあります。

長時間超音波を当てているとこのワキガ治療法は火傷を起こす可能性があります。(実際には長時間当てることはないので火傷の可能性はほとんどありません)
■ ワキガ治療って!?ワキガ治療の薬や方法等お役立ち情報のトップへ

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。