ワキガ治療に使う薬ミョウバンは体に優しい−2

ワキガ治療に使うミョウバン水の作り方は市販のミョウバン(25g)を、750ccの水道水で溶き容器ごとよく振ります。入れ物はペットボトルで良いです。ミョウバンが溶けない場合には、1日そのまま放置する溶けて透明の液になります。

ワキガ治療に使うミョウバン水の使い方はスプレー容器に入れ直接ワキに吹き付けたりガーゼに浸して、ワキを拭いたりします。水は蒸発してワキにミョウバンが残り、皮膚は弱酸性に保たれます。
皮膚が酸性であれば、雑菌の繁殖が抑制され、結果的に臭いが抑えられるのです。

ワキガの治療にも使えるミョウバンには制汗作用も有ります。悪臭の元の汗をおさえれば、当然臭いも抑えることができます。しかしこのミョウバンの詳しい制汗メカニズムは解明されていません。

ミョウバンには直接臭いを消す作用も有ります。ワキガの臭いそのものを消臭する作用です。ミョウバンにいろいろな金属が含まれていて酸化還元反応による金属消臭が行われたり、酸性のミョウバン水と反応してアルカリ性で臭いの原因である汗の成分を中和する事によって消臭が行われます。
■ ワキガ治療って!?ワキガ治療の薬や方法等お役立ち情報のトップへ

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。