ワキガですがAg入りの制汗剤を使うと服のワキ部分が黄色くなるのですか

私もワキガです。銀イオン入りの制汗剤が学生の間で流行った事がありましたが結論としては白い服を着る場合は他の制汗剤を使用した方が良いとの事です。ag入りの制汗剤を使うと衣類の脇部分が黄色く変色するとの事です。

もし黄色く変色してしまった場合、白い服では数時間、漂白剤(塩素系)に浸しておくのが一番いいです。柄物や色付の服の場合は酸素系の漂白剤に浸します。この場合効果は少し弱いです。

下記にお勧めの制汗剤をあげておきます。

制汗剤にはワキガの治療薬としてミョウバン関係の制汗剤、その仲間のミョウバン石鹸、オドレミン、デオクリスタルヴェエルダン、リフレア、アンティパースパイラントデオドラントロールオンなどワキガに効く制汗剤があります。

参考にワキガの発生について書いておきます。脇の下にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺があり、アポクリン汗腺からの汗がわきがの要因でタンパク質やアンモニアなどが含まれています。脇で繁殖している雑菌がその成分を分解する事でワキガの臭いを発生します。

あなたが軽度のワキガであれば制汗剤として安くて安全で効果のある「ミヨウバン水」をお勧めします。

「ミヨウバン水」は自分で作ります。簡単に作れます。はじめにミヨウバンを入手でします。私の場合はスーパーで30グラムの焼きミョウバンを88円で手に入れました。他に選択肢はなくこれだけでした。他の薬局やスーパーではいろいろな種類のミョウバンを販売しているでしょう。

作り方はまず0.9リットルの水をペットボトルに入れその中にスーパーで買ったミヨウバン30グラム入れペットボトルごとよく振ります。一晩で溶けてしまいます。まだ溶けない場合は3日間置いておけば溶けて透明になり使用できます。「ミヨウバン水」は経済的で安全でよく効きます。
■ ワキガ治療って!?ワキガ治療の薬や方法等お役立ち情報のトップへ

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。